年頭のご挨拶

明けましておめでとうございます。
さて、本年の干支は、「甲辰」です。

力強く天に昇る龍の如く、山積する課題に立ち向かい、日本が、そして札幌市が力強く飛躍する一年になればと思います。

今、日本経済は、賃上げ、設備投資、株価などいずれも30年ぶりの高い水準になっています。バブル崩壊後、失われた30年といわれるデフレ経済、コストカット型経済の悪循環を一掃し、デフレマインドを解消しなければ日本経済は成長しません。2012年の政権奪還後、我が党はデフレ脱却に向け、賃上げ、投資促進に取り組んできました。

今がデフレ脱却の千載一遇のチャンスであり、チャンスを確実につかむ年、日本経済を覆っていたデフレマインドとコストカットの縮み志向から完全に脱却する年にしなければなりません。

昨年11月にとりまとめた総合経済対策の裏付けとなる補正予算の速やかな執行と、GX、DX、半導体など戦略分野、成長分野への国内投資促進策などが盛り込まれた令和6年度予算案の早期成立に向け、全力で取り組んでまいります。

また、北方領土問題、北朝鮮による拉致問題、憲法改正などの重要課題が山積しています。ロシア・北朝鮮の連携など複雑化、緊迫化する東アジアの安全保障環境の中にあっても、地域の事情に応じたきめ細やかな外交の展開などを通じて、こうした積年の課題の解決に向けて一歩でも前進する年にしなければなりません。

最後に、道都札幌の未来に向けた基盤づくりです。

次世代半導体の製造拠点整備が千歳市で進んでいます。この動きに合わせ、札幌市を含んだ道央圏を一大産業集積地にする北海道バレー構想も動きだしています。また、北海道は新エネルギー源が豊富に存在し、多くの再生可能エネルギーで導入ポテンシャルは全国1位です。
脱炭素社会の実現に向けて、世界中から投資を呼び込むGX金融の協議体も札幌市を中心に立ち上がっています。本年は、金融・資産運用特区も具体化され、GX金融の中心地、国際金融センターへの一歩を踏み出せるかどうかの極めて大事な一年です。こうした動きを我々もしっかりと後押ししてまいります。

山積した課題を乗り越え、未来に向けた国づくり、地域づくりを官民連携して中長期的かつ計画的に進めていくには、安定した政治環境が必要です。札幌市の政策課題を国としっかり連携しながら前へ進めていくためにも、引き続き、党員、党友をはじめとする皆様のご理解とご支援を心からお願い申し上げます。

結びになりますが、本年が皆様にとって輝かしい年になりますことをお祈り申し上げ、年頭にあたっての挨拶といたします。

衆議院議員 高木 宏壽

「高木の一筆」

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌市議会自民党議員会による中央要請懇談会を開催いたしました。



12/14(木) 自民党札連会長として、札幌市議会自由民主党議員会による中央要請懇談会に出席し、昨年市政施行100周年を迎えた札幌市の新たな100年を築いていくため、札幌市が抱える諸課題に対応するため、私からも強く要請いたしました。
会議には大変お忙しい中、多くの関係省庁の職員の皆さま方にご出席いただき、要望事項に関する具体的な意見交換を行いました。市議の先生方としっかり連携し、来年度の予算編成に向けて国への働きかけを粘り強く行ってまいります。

 

 

復興副大臣を拝命いたしました。

 

この度、岸田内閣において、復興副大臣を拝命いたしました。
9月15日、天皇陛下ご臨席のもと、皇居にて認証式が執り行われました。
東日本大震災からの復興は、13日に閣議決定された内閣の基本方針に、「東北の復興なくして日本の再生なしとの強い思いの下、被災者に寄り添い、被災者支援、農業・生業の再生、福島の復興・再生に全力を尽くすとともに、ALPS処理水の放出に係わる風評影響への対応に全力を挙げて取り組む』とあるとおり、内閣の重要課題の一つです。
2015年から約1 年間、安倍内閣のもとで、経済担当の内閣府大臣政務官と兼務で復興大臣政務官を務めさせていただき、この時も被災者支援等に取り組まさせていただきました。今回はより重責を担うことになるわけですが、全力で取り組んでまいります。

第206回特別国会が召集され、3度目の議員バッジを授かりました。

第206回特別国会が召集され、3度目の議員バッジを授かりました。

国政へ送り出していただいた、北海道3区の皆様に改めて、感謝申し上げます。
日本が直面する課題解決に向けて果敢にチャレンジしてまいります。
引き続き宜しくお願い申し上げます。

小選挙区での当選を勝ち取りました!

豊平区、白石区、清田区、全て勝利し、小選挙区での当選を勝ち取りました!

この4年間、多くの皆さまに支えていただきました。そして皆さまのお力で国政の場へ押し上げていただきました。心から感謝申し上げます。

116,917名の方が投票用紙に「高木ひろひさ」と書いていただいたことの重みを胸に、地域の声を国政の場で活かして参ります。

ありがとうございました!

最後のお願いです。

負けられない戦いです。是非、皆様のお力で、高木ひろひさを勝たせてください。何卒宜しくお願いします!

政権与党の議員を国政へ(動画)

政治は結果です。
結果を出すのが政権与党です。
政権与党の国会議員を札幌から出してください。
地元の代表として、国政の場で働かせてください!
札幌の未来を私に託してください!!

▼50秒のダイジェスト動画ですので、是非ご覧ください。

選挙戦の毎日の活動をSNSで発信しています!

選挙戦が始まっております!!
公式TwitterやFacebook、Youtubeにて毎日活動を報告しておりますので、是非ご覧ください!

また日頃、街頭演説でお話しさせてもらっている内容を、下記Youtubeにて配信しております。私が日ごろ、街頭演説にてお訴えさせていただいていることを、現地に足をなかなか運べない方々にも、聞いていただきたいです。コロナ禍によりダメージを受けた地域経済をどう復活させるのか?日本の安全保障は?4分弱でお話ししております。

▼街頭演説はこちら
2021年10月24日街頭演説
https://youtu.be/Iqe7y8sFLDo

▼公式Twitter
https://twitter.com/takagi_hirohisa

▼公式Facebook
https://www.facebook.com/takagi.hirohisa/

▼公式Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC7cKRhoYC04IuliW09S2e3g

自民党札連会長として、札幌商工会議所(中田隆博政策委員長)より令和4年度重点政策要望を受けました。

自民党札連会長として、札幌商工会議所(中田隆博政策委員長)より令和4年度に向けた要望書を手交しました。
懇談では役員の皆さまから、この度の衆院選での勝利も併せて承りました!!
なんとしても国政復帰を果たし、政治力を持って役割を果たして参ります!!
〈重点政策要望〉
新型コロナウイルス感染拡大の長期化が経済活動や社会生活に大きな影響を与えていることに鑑み、令和3年度内での補正予算対応と共に、令和4年度に向けてたウイズコロナ対策・アフターコロナ対策など、31項目の要望を受けました。
1 長期に亘るコロナ禍でのダメージを受けた地域経済の再生
2 中小企業の各種支援制度・施作の拡充
3 安定した公共事業の確保と入札制度の改善
4 人材確保支援
5 新幹線開業を見据えた札幌広域圏の総合交通体系の確立
6 制度改正・創設、補助制度の拡充