憲法改正②「憲法議論を国会の駆け引きに利用してはならない」

憲法改正②「憲法議論を国会の駆け引きに利用してはならない」
#高木ひろひさチャンネル 06をアップしました。
前回に引き続き、国会での憲法議論についてお話をさせていただきました。前回の憲法改正①と合わせて是非ご覧ください。
——————————
前回は、憲法審査会の前身である「憲法調査会」の設立経緯とか活動経過についてお話をさせて頂きました。今回は、その憲法調査会どのような基本理念のもとで運営されていたのかという点についてお話しさせていただきました。
中山太郎会長(前衆議院議員 外務大臣)の下、憲法調査会は二つの基本理念で運営されていました。一つは、「憲法は、すべての国民のもの」という考え方であり、そしてもう一つは、「憲法論議は国民の代表である国会議員が主体的に行うべき」という考え方であります。また、第二の中山ルールと言われた、「少数者の意見をこそ、じっくり聞かなければならない」との原則を打ち出し、他の委員会とは全く異なる形式で憲法論議がされてきました。
3月31日の憲法審査会(会長:細田博之衆議院議員)幹事懇談会を開催しようとしたところ、一部の野党が反対して非公式の会合となってしまい、定例日の4月1日(木)に憲法審査会を開いて憲法改正国民投票法改正案を審議しようとしたわけですが、なかなか憲法審査会が開かれないという状況にあります。
「憲法審査会」というのは、国権の最高機関たる国会において、国民の代表である国会議が主体的に議論を戦わす場でありますから、時の政府の不祥事とか、あるいは政局、こうしたものとは離れて議論を進めていくべきものであります。
「国会の駆け引きには利用してはならない」と私は考えています。この国会で改正案の成立に向けて、是非、憲法審査会で議論が進むことを心から願っています。
✳高木ひろひさチャンネル(登録をおねがいします。)
https://www.youtube.com/watch?v=gV6reOHJHo4…
#高木ひろひさ #自民党 #北海道3区 #憲法改正 #憲法調査会 #憲法審査会 #中山太郎
Facebook

Support

応援する

公式SNS

SNSにて日々の活動を随時お伝えしております。

後援会のご案内

ひとりでも多くの方のご入会をお待ちしています。

Access

アクセス

札幌事務所

所在地 〒062-0020
札幌市豊平区月寒中央通5丁目
TEL 011-852-4764
FAX 011-852-0221
メール hiro.takagi@tune.ocn.ne.jp

Map

Books

書籍紹介

北海道200年戦略
北方世界を拓くソフト・パワー

広大な大地と豊かな自然。北海道の魅力こそが今、世界を動かす! 北海道の地域資源を需用者サイドに立った「コンテンツ」として捉え直し、振興することで北海道のソフト・パワーを引き出していく。異色の前衆議院議員が目指す、北海道200年の戦略!