札幌建設業協会より令和3年度予算編成に向けた政策要望を札連会長として受け、役員の皆さまと懇談させて頂きました。

札幌建設業協会より令和3年度予算編成に向けた政策要望を札連会長として受け、役員の皆さまと懇談させて頂きました。

激甚化・頻発化している自然災害に対応するため、3カ年の緊急対策として増額された北海道開発予算も今年度で終了となる一方、新型コロナによる影響を受け、北海道経済の落ち込みは極めて大きく、事業継続や雇用維持が困難になるなど深刻な事態となっています。強靭化の取組は来年度以降も引き続き継続しなければなりません。

また一方、昨年6月には、「新担い手3法」が制定され、「週休2日制の普及」や「労働時間の適正化」などの「労働環境の改善」や「担い手の確保・育成」は喫緊の課題となっており、コロナ過でのこれらの解決には、業界の努力だけではなく、行政の協力と支援が必要不可欠です。
自民党札連としても札幌市、北海道、国への働きかけをしっかりと進めて参ります。

Facebook

Support

応援する

公式SNS

SNSにて日々の活動を随時お伝えしております。

後援会のご案内

ひとりでも多くの方のご入会をお待ちしています。

Access

アクセス

札幌事務所

所在地 〒062-0020
札幌市豊平区月寒中央通5丁目
TEL 011-852-4764
FAX 011-852-0221
メール hiro.takagi@tune.ocn.ne.jp

Map

Books

書籍紹介

北海道200年戦略
北方世界を拓くソフト・パワー

広大な大地と豊かな自然。北海道の魅力こそが今、世界を動かす! 北海道の地域資源を需用者サイドに立った「コンテンツ」として捉え直し、振興することで北海道のソフト・パワーを引き出していく。異色の前衆議院議員が目指す、北海道200年の戦略!