衆議院内閣委員会で質疑に立ちました

掲載日:2014.06.04

Pocket

本日9時からの衆議院内閣委員会の最後に私が質疑に立ちました。

一点目は死因究明について。警察官としての経験を踏まえ、死因究明の現状と制度のあり方を質し、複雑多岐にわたっている死因究明に係る日本の法制度の検討・見直しを古屋国家公安委員長に求めました。

二点目は国土強靭化について。昨日、国土強靭化基本計画が閣議決定されました。今後は具体的な施策や事業が実施されて参りますが、昨今の建設業の疲弊や技術者・作業員の不足、更には社会資本整備の業務量が安定しないことなど多くの課題があります。こうした計画の実行性の観点から、建設業等担い手の確保について質疑を致しました。

質疑の詳しい内容は、衆議院のホームページをご覧ください。

これからも、国や地域のために尽力してまいります。